家をネズミから守ろう

男女

住みつきにくい環境に

ネズミ駆除で大切なことは、最初からネズミが住みつかない環境を作ることです。そのための注意点としては、まずエサとなる食べ物を与えないようにすることが大切になるでしょう。食べ物は出しっぱなしにしない、食器を使ったらすぐに洗う、生ゴミはしっかり密閉する、など隙を見せないようにします。また、家の中や外は常にきれいにしておくことを心がけましょう。布や紙などを放置しておくと、巣の材料として使われることもあります。また散らかっていると万一ネズミが発生した場合に、異変に気づきにくくなり、ネズミ駆除などの対処が遅れることが考えられます。そして、忌避剤を使うことも有効な手段です。ネズミが嫌がる臭いを出して、近づきにくくすることができます。

退治の工夫とそのメリット

ネズミを発見した場合のネズミ駆除は、工夫次第で大きな効果をあげることができます。まずは、殺鼠剤の使用です。これはネズミに食べさせることで、その毒により退治していきます。ここで使われている薬剤は、遅効性となっています。ですからゆっくりと効果があらわれることで警戒心を持たせず、一度に多くのネズミ駆除をすることができます。また死骸を見ずにできるため、あまり抵抗感なくネズミ駆除を進めていけることもメリットと言えるでしょう。次は、トラップを使ってのネズミ駆除です。エサを使っておびき寄せ、トラップにかかったネズミを圧殺したり、閉じこめたり粘着シートで動けなくして生け捕りにする、といった方法になります。死骸を放置するリスクがないので、その後衛生的な問題を避けることができるのがメリットです。